How To Lighten Your Skin

精神科とは違うの?心療内科について治療方法と選び方


心療内科って?精神科との違いは?

心療内科は心理的要因から身体的な症状があらわれる心身症の治療を、主な対象としています。一方で精神科は統合失調症やうつ病、双極性障害などの精神疾患を主な対象としている科です。しかし、心療内科でも軽度のうつ病やパニック障害といった精神疾患にも対応しているところもあります。こうしてみると心療内科と精神科は対象となる症状には重複する部分があり、違いが分かりづらいかもしれません。心療内科は主に心身症が対象となり、対応できない症状があるのに対し精神科は神経症性障害や発達障害、認知症なども含めた精神に関するすべての疾患を対象としています。

心療内科の治療方法とは?

心療内科の主な対象は心身症となり、例えば、ストレスによる過敏性腸症候群や心因性嘔吐症、摂食障害などです。治療方法には整腸剤や抗不安薬、睡眠導入剤などの薬物療法があります。また、原因となる心の治療もおこないます。具体的には自身が症状のコントロール法を練習し、自分が治療者になることを目的とする認知・行動療法や、作業によって心身の治療をする作業・芸術療法などです。このほかにも絶食療法や家族療法などもあります。

心療内科の選びかたとは?

心療内科の場合1度で治療が終わることは、ごくまれです。ほとんどのケースで週に1度の通院治療が必要となりますので、週に1度は通える距離にあるクリニックを選ぶことが大切です。また、まれに薬による治療のみの心療内科があります。薬は体への負担になる場合もありますので、薬以外の心理療法にも対応しているクリニックを選びましょう。このほか診療時間が自分の生活リズムにあっていることや、施設や制度を紹介してくれるクリニックであるかも重要です。

大阪在住の方は心療内科を梅田周辺で見つけおけば、メンタルのバランスが崩れた時、スムーズに専門医へ相談する事が出来ます。